カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

本棚屋「別館」の製品仕様


製品に使用している素材について
付属金具等を除く製品本体に使用する木製素材は北欧パイン100%です。

北欧パイン(欧州赤松)横接ぎ集成材(19 mm厚)

本棚屋「別館」がお届けする本棚、収納ラックは、全て19 mm厚の北欧パイン(欧州赤松)横接ぎ集成材を使って製作しています。

横接ぎ集成材(幅4-5cmの無垢のひき板を横(幅)方向にだけ接着したもの)は、集成材の中で最も接着剤の使用量が少ない材で、ヨーロッパでよく使われています。

自然塗料仕上げ

パイン材の表面は亜麻仁油をベースにしたドイツ製の自然塗料(オイル/ワックス)で丁寧に仕上げてあります。

北欧パイン材は木目がとても美しく、表面の色合いは年月とともに飴色に変化していきます。長くお使い頂くほど、その色合いや風合いの変化もお楽しみ頂けます。

北欧パイン(欧州赤松)


構成ユニットについて
天板ユニット、棚ユニット、ベースユニットの3つがあります。

パーツ構成図

構成ユニットの種類は3つ

本棚屋「別館」の積み木式本棚・ラックの部材ユニットの種類は大きく次の3つに分かれます。
・天板ユニット
・棚ユニット
・ベースユニット
これらのユニットは、全て完成品でお届けします。

棚ユニットとベースユニットは単独でも使えます。

棚ユニットには、アイテムにより1段棚と2段棚、または2段棚と3段棚が用意さています。例えば、文庫本棚では2段棚と3段棚、A4本棚では1段棚と2段棚がお選び頂けます。

2段棚、3段棚、天板、ベースユニット

天板、棚,およびベースユニットの接続について
ユニット同士は付属の接続パーツで簡単につなげます。

組み立ては簡単!

棚ユニット、天板ユニット、およびベースユニットの縦板には接続のための穴加工が施されており、付属の木ダボ、連結ボルト、および締め付けのためのカムロックでユニット同士をしっかり接続します。それぞれのユニットは全て完成品ですから、組み立ては上下の接続のみ。とても簡単です。

※棚ユニットを何段も積み上げてご使用になる場合は、壁面への固定など、必ず転倒防止対策をとって下さい。

同じ奥行きの棚同士は連結可能

例えば、同じ奥行の文庫本棚と新書・コミック本棚、あいるは、CDラックとDVDラックなどは自由に連結してお使い頂けます。

カバーキャップ付き

カムロックには、専用のカバーキャップが付属します。締め付け後はカバーキャップをはめることで、金具が目立たず、見た目もすっきりします。(右写真)

ラック連結部詳細


奥行きと棚板について

内寸=(外寸ー2cm)

棚ユニットの棚の背面には、落下防止用のための板(バックフェンス)が取り付けてあります。そのため、棚ユニットの有効内寸は、外寸から2cmを差し引いた値になります。例えば、奥行14cmの文庫本棚の内寸は12cmになります。


棚板の有効高について

棚板は全て丈夫な固定棚です。棚間の有効高は、アイテムごとに目的の収納物が収まる高さに設定されています。例えば、文庫本棚では16cm、CDラックでは13.5cm、DVDラックでは19.5cm などです。詳しくはそれぞれの製品の商品詳細ページをご覧下さい。

ラック連結部詳細

たわみ補強

棚板は厚さ19ミリのパイン無垢(集成材)の棚で、両端を側板にしっかり固定していますので、通常はそれだけでも十分な強度が得られます。

本棚屋「別館」ではベースユニットを除く棚ユニットで、全ての棚板を背面の横板(バックフェンス)と平ダボで接着しています。これにより、棚板が更に補強され、実用上棚のたわみを気にすることなくお使い頂けます。

たわみ補強のための平ダボ


ベースユニットについて

棚ユニットを倒れにくくします。

ベースユニットの奥行は組み込む棚ユニットの奥行よりも大きく設計されており、棚ユニットの下に組み込むことで、棚ユニットを倒れにくくする働きがあります。
※ベースユニットは転倒防止具ではありませんので、地震対策等は別途ご準備下さい。

ベースユニットの底部の奥行は、A4本棚用が35cm、それ以外の棚ユニット用は26cmです。

巾木避け欠き込み加工

ベースユニットには、標準で巾木用欠き込み加工が施されています。
高さ9 cm、厚み1 cmの巾木まで避けることができます。(右下写真)

ベースユニットを組み込んだ文庫本棚
CDラックとA4本棚の接続例

ベースユニットはA4本棚と接続することができます。
左の写真例は、CDラックとA4本棚を接続したものです。

※ベースユニットの巾木用欠き込み加工は標準仕様ですが、外してご注文頂くこともできます。詳しくはベースユニットの商品詳細画面をご覧下さい。

巾木避け欠き込み加工済み


天板ユニットについて

棚ユニットの上に取り付けて使います。

天板ユニットは、文字通り棚ユニットの上に取り付けて天板として使います。(写真右上)

右下写真例のように、棚ユニットは天板ユニットを取り付けなくてもお使い頂けます。

天板の大きさ

天板ユニットの天板部分は、取り付ける棚ユニットより、横幅で約6 mm、奥行で約3 mmほど大きくなります。

天板ユニットを組み込んだ本棚と付けない本棚

穴隠しキャップ(オプション品)

天板ユニットを取り付けずに棚ユニットをお使いになる場合、連結用の木ダボや連結ボルトなどを使わないため、側板に開けられた穴がむき出しになってしまいます。(写真右下)
その穴が気になる場合は穴隠しキャップ(写真右上)をご購入下さい。

穴隠しキャップ

製品例写真

A4本棚の上に文庫本棚 天板ユニットを外したCDラック

CDラック5段、横幅33cm(天板ユニットなし) 新書判コミック本棚、横幅33cm(天板ユニットなし)

B6コミック本棚3段(天板なし) A5本棚1段(天板なし)

5段の文庫本棚 CDラック2段(天板なし)